へそ活たぬき-.png

クリスマスメニュー

寒さも厳しくなる上に何かと忙しい12月は、体調を崩しがちです。
忘年会などで暴飲暴食すると肝臓や胃腸に負担がかかって免疫力が低下し、より風邪を引きやすくなります。
肝臓や胃腸の働きを整える働きがある食材を積極的に摂り、疲労回復に努めましょう。また、驚きすぎたり、恐れすぎたりすると「腎」を傷つけると東洋医学では考えられています。
師走、お正月と慌ただしい時季なので、気持ちも乱れがち。心をしずめていることも、腎の働きを助けることにつながります。


・ゆりね

北海道の畑の中でじっくり3年の歳月をかけて丹念に育てられるゆりね。心を落ち着かせる作用が強い食材です。
精神疲労からくるイライラや不安感、眠れないなど心の熱を鎮めます。また、肺や気管を潤して、咳を止める働きがあります。
また肌に潤いを与える作用があるので、にきびや吹き出物ができやすい人、口内炎ができたときなどにもよいでしょう。


・ブロッコリー

ブロッコリーには弱った五臓の働きを回復する働きがあります。虚弱体質の人や元気が出ない人、老化が気になる人におすすめです。
特に、腎の機能を高めるので、冬に食べたい食材。
また、脾の機能を整える作用があるので、消化不良や食欲不振などの症状がある時に食べるとよいでしょう。


① ゆりねとブロッコリーのコーン味噌炒め

12月コーン味噌メニュー① 加工.jpg



〈材料〉(2人分)

ゆりね         1コ
ブロッコリー      100g
クコの実(水でもどす) 大さじ1
ショウガ(みじん切り) 小さじ1
酒           大さじ1
コーン味噌       大さじ1
オリーブオイル     適量


〈作り方〉

1. ゆりねは外側から一枚ずつはがし、水洗いする。
2. ブロッコリーは一口大に切り、固めに茹でておく。
3. フライパンにオリーブオイルを入れショウガを炒め、香りが立ってきたら
ゆりねを入れる。
4. ゆりねが透き通ってきたら、ブロッコリーとクコの実を入れ、酒でといたコーン味噌を入れ炒める。



② コーン味噌豆腐

12月コーン味噌メニュー② 加工.jpg

ステーキ用豆腐
コーン味噌

<作り方>

1. ステーキ用の固い豆腐を水切りする。
2. 1をガーゼで包み、その周りにコーン味噌を塗り1~2晩寝かせる。
3. チーズのような味になったら出来上がり。
ここでは一口サイズに切って、食べやすく。



③ 長芋のおやき

12月コーン味噌メニュー③ kakou .jpg


<材料>(2人分)

長芋         150g
ネギ(みじん切り)  適宜
コーン味噌      小さじ2
オリーブオイル    適量

<作り方>

① 長芋は皮をむいてすりおろし、ネギのみじん切りとコーン味噌を加えて混ぜ合わせる。
② フライパンにオリーブオイルを弱火で熱し、スプーンで①の生地を落として両面を焼く。

topai.png
名称未設定-2.png
レシピ.png
予約購入.png
BLOG.png
how-to.png
お問合せ.png