へそ活たぬき-.png

紫外線に負けない!美肌食材レシピ♪

コーン味噌のはとむぎ入り大豆バーグ


5月5日は立夏。この日から夏が始まりました。
「5月病」という言葉があるように、気温の寒暖差や4月からの新しい生活で受けてきたストレスが心身の疲れに。1年で最もお天気に恵まれるこの季節。ストレス発散と気分転換のため、梅雨になる前に、陽の気をたっぷり体内に取り入れましょう。
ただ、紫外線には注意。紫外線は肌を老化させます。日焼け対策として、この季節からは美肌食材を常食しましょう。

【テーマ】美肌

・大豆

年齢と共に減少する女性ホルモン・エストロゲンの代替品となるイソフラボン。骨粗鬆症や更年期障害、乳がんの発症を抑え、肌や髪の老化も予防してくれるイソフラボンを含む大豆製品は、毎日取りたい食品です。一日の目安は、豆腐半丁、豆乳200㏄、納豆1パック、大豆の煮豆50g、きなこ大さじ2杯、のいずれか。妊娠中はエストロゲンの分泌がさかんになるので、イソフラボンの摂取を少し控えめにしましょう。

・はとむぎ

保湿や美白効果の基礎化粧品にも使われるはとむぎは、肌あれ、にきび、しみ、そばかす、いぼとりなど、美肌効果がある食材です。「気」を補い「水」のめぐりをよくするので、胃腸の働きを高め、むくみを取り、利尿効果もあります。
 はとむぎは淡白な味なので、スープやお粥、煮物など、さまざまなお料理に使えます。多めに茹でて冷凍しておくと便利です。



91E593A483o815B83O (1).JPG
*材料*

大豆水煮・・・・・・150g
はとむぎ・・・・・・・大さじ2
コーン・・・・・・・・・大さじ2
玉ねぎ・・・・・・・・30g
コーン味噌・・・・大さじ1
小麦粉・・・・・・・・適量
菜種油・・・・・・・・適量


*作り方*

1. はとむぎは軽く洗って水に6時間~一晩ひたし、十分に水を吸わせる。火にかけ、沸騰し  たら弱火で約30分。ふっくらとやわらかくなるまで炊く。
2. 大豆水煮と1をすりこぎですり潰す。
3. みじん切りした玉ねぎを菜種油で炒め、しんなりしたらコーンを入れる。
4. 2、3とコーン味噌をよく混ぜ合わせ、食べやすい大きさにまとめる。
5. 4に小麦粉をまぶし、菜種油でこんがりと焼く。

※  大豆やはとむぎの水分や玉ねぎを炒めたときの油分が多いと崩れやすくなるので注意。

topai.png
名称未設定-2.png
レシピ.png
予約購入.png
BLOG.png
how-to.png
お問合せ.png